コープさっぽろ、セミセルフレジ導入が始まります!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コープさっぽろ、セミセルフレジ導入が始まります!

みなさーん!こんにちは!
にーおかです。

みなさんが、普段お店で買物をする際に目にされている「レジ」

最近は、セミセルフレジやセルフレジの導入をされているお店も増えてきましたよね。

実は、コープさっぽろでも新はっさむ店に、セミセルフレジが導入されました!

そもそも、コープさっぽろのセミセルフレジ導入。今回が初めてではないんです。実は約15年ほど前に、セルフレジを数店舗で導入していたのですが、皆さんはご存知でしょうか?

そのときは利用客が少なく、残念ながら機材撤退という形になってしまったのですが、数年の時を経て、導入することになった経緯を、システムサポート部の高川部長はこう語ります。

「その当時は、まだ導入している競合店も無く、少し早すぎたのかな。と思います。今は競合店の導入も進み、組合員さんも慣れてきたのではないかと思っています。」

コープさっぽろのPOSレジの歴史

今回の新レジはコープさっぽろにとっては、3代目のPOSレジです。

2015年に最初のPOSレジの導入が終了し、2016年から2代目POSレジの開発を始めたコープさっぽろ。当初はこの2代目POSレジを全店に導入する予定で進めていたのですが、セミセルフレジの話が持ち上がり、2018年3月に札幌市内の店舗に導入を完了したのを契機に2代目POSレジの導入は終了となりました。そして今回満を持して、3代目のPOSレジの導入がスタートという流れになっています。

そこでふと思ったのは、どうしてこの短いスパンでレジを変えていく必要があるのか。という点です。機械の外側はそのままで、中身だけ入れ替えてなどそういった対応はできないのでしょうか??高川部長に聞いてみました!

ー短いスパンで機械を変えるのではなく、同じものを使い続けるということはできないのでしょうか?

高川:使えはするんです。ただ、機能面にどうしても限界があったりするんですよ。OS然り、他システムとの連携然り。そうなると抜本的に入れ替えが必要。という状態になるんですよね。アプリケーションのバージョンが違うとかも、対応しきれない原因だったりしますね。

ー今回の2代目から3代目の導入スパンが短いのはどういった背景があるのでしょうか?

高川:一つは、組合員の皆様からのご意見で「セミセルフレジを導入して欲しい」という意見が多かったという点が挙げられます。新型コロナウィルスの予防や対策の観点でも「クレジットカードやちょこっとカードを店員に預けないで自分でやりたい」という方が増えてきました。

2点目は、待ち時間の解消が急務であったという点です。コープさっぽろの各店を見ていただけると分かるのですが、会計のタイミングで組合員の皆様を長くおまたせしてしまうことが多く、その点は急いで解消したい点でした。

そして最後に、現在コロナ禍ということもあり、レジ打ちの仕事をやりたく無い。お金を触りたくない。という方も一定数いるかと思います。求人を出しても、なかなか以前のように人が集まってこなくなったというのもあり、少しでも安心して働ける環境を作っていきたい。という想いもあります。

セミセルフレジの導入の話が最初に出たのは2018年のことです。そこから3年越しの導入となるわけですが、本部長会に提案しても「セミセルフレジの導入をすることで、どのぐらい組合員の方の為になるのか」という点で、なかなか承認がおりず。何度も実験をしたり試算をしたりしながら、ようやく昨年の8月に承認を得ることができたんです。

お互いにとって初めての共同開発

今までのPOSレジは、コープさっぽろが独自でシステムを作り、管理運用を行っていました。しかしながら、今回のPOSレジのシステムは端末を開発している会社との共同開発だといいます。

そして、コープさっぽろと端末を開発している会社、双方にとって初めての共同開発案件となったことで、より難しかったと高川部長は言います。

高川:きっと、お互い従来どおりの開発であればここまで大変になることはなかったんだと思います。でも、POSのシステムは私達自身が持っているという点や、全店で一斉入れ替えではない点なども踏まえ、自分たちで作ってきたシステムはそのまま残し、登録機と会計機周りのシステム関連をお願いすることになったんです。完璧に新しい開発であったためお互いとても大変だったのではないかと感じています。

実機を見てきた!

実際にテクニカルセンターにて、店舗に納入される前の実機を見てきました!こちらです!!じゃ~ん!!!!

待機画面が、トドック、かけるくん、くるりんなのがとってもかわいいですよねー!!

画像6

そして、一番の特徴はこちらです。
バーコード決済やちょこっとカードでの支払いができるという点です。

画像5

今回のPOSレジには、下記の支払い機能がついています。

・現金
・クレジットカード
・バーコード決済
・ちょこっとカード

バーコード決済を選んで、ぴっ!ってすればセミセルフレジでも
お会計がスムーズにできるのはありがたいですよね。

店長に話を聞いてみた。

一足お先に運用が始まった新はっさむ店の店長が、ちょうどトレーニングにいらしてました!

画像4

トレーニングを終えた店長に少しだけお話を聞いてみました!

画像3

ー実際使ってみてどうでしたか?

すごく使いやすかったです。機械自体の性能もものすごく良くって、読み取りが早いです。組合員さんを長くおまたせすること無く、会計を進められるのではないかと感じました。色んな問題は、出てくるかもしれないですが慣れてくれば大丈夫なんじゃないかな。と感じています。

納品され、稼働が始まった機械がこちらです!

新はっさむ店で稼働が始まったのがこの2台です!

画像2

セミセルフレジの表記を見て、利用してくださる組合員さんもいらっしゃいました!

そして何よりも、どの組合員さんもお会計がとってもスムーズ!
高川部長が言うように、やっぱりみなさん慣れていらっしゃるのかな。という印象を受けます。

画像1

実際に私も買い物をしてみたのですが、機械の反応がとても良く、
少ない会計で、レジに長く待つ。ということをしなくても良かったのが、
素敵だなー。と思いました。

今後は、87店舗に導入予定で、来年の7月に導入完了する予定とのこと。
楽しみですね♪♪

文、写真:にーおか


ありがとうございます!励みになります泣
レガシーな北海道の流通「生活協同組合コープさっぽろ」のデジタル改革を赤裸々に公開していくサイトです。 コープさっぽろが、もっと使いやすく!買い物しやすく!職員が働きやすく!なるためにDXしていきます! きっと、山あり谷ありのDX!ステキな仲間と一緒に進化していきますー!