見出し画像

10月11月のnoteまとめ!

こんにちは、にーおかです。
10月のまとめを出そう!と思っている間に
あれよあれよと、こんな日に・・・。
月日の流れが速すぎて、衝撃です(苦笑)

さて!気づいたら累計6万PVのメディアになっている
コープさっぽろDX。(1か月あたり、約1万PVということですね。感謝)

みなさん、いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。

noteを初めて半年のまとめは、別途作成するとして、、、
今日は10月のまとめと、途中ですが11月のまとめです!

==========================

10月はちょっと多めのすきをもらった月

画像1

過去最大のスキをいただいた8月に次いで、多くのスキをいただいた10月!どんな記事にスキを多くいただいたかというと。。。

こちらの記事!10月1日に入協したやまさきさんの記事が51回スキをいただき、ぐんぐんと数字を押し上げる結果に!

そして、もともといた職員がどう思っているのか?の目線を取り上げたこちらの記事も、35回スキをいただき数字が伸びる結果となりました!

更新の励みになります。ありがとうございます。

間を担う媒体に、このnoteがなれるのか。

今回、システムリーダーのお話と、開発部の方のお話と2件。現場職員の話を聞き、記事としてまとめる中で、改めて感じたことが2点あるのです。

1つ目は、『わかりたいけど、わからない人たち』を置き去りにしちゃいかんなということ。
2つ目は、『葛藤しながらも、前に向いて頑張ろうとしている職員の気持ちを伝えること」

今、デジ推のメンバーがやっている仕事や、やりたいと思っている想いを、よりスムーズに進めるためには、一人でも多くの協力者が必要なんだと思うんです。それは、現場の職員しかり他の企業の方しかり。

このnoteは、『大丈夫。IT関連で話される言葉って難しいよね。難しいけど、そこまで理解しなくていいから。大枠一緒に把握して、とりあえず、楽しいから一緒にワクワクしよー』って、当協の職員や、全国の小売りのデジタルに興味がある方々に、ふわっと興味の種を投げる役割を担いたいなと。半年みんなの文章をまとめたり、UPしたりしながら思うのでした。

さらに言うと、職員の皆さんがこのデジタル化で不安や、戸惑いを感じながらも、前向きに取り組んでくださっていたり、気持ち新たに頑張ろうという想いを感じてくださっているところ。少しネガティブにとらえているところも含めて、文章にして伝えるのも役割なのかなと感じています。

そうして、当協内でもいろんな人を巻き込みながら、いろんな人の意見をもらいながら、みんなが楽しく読める「小売りのデジタル化の教科書」になれたら良いなー。なんて、ざっくり思います。はい。

最後に

ぜひ、読者の皆さんの〇〇ってどうなってるのー?
〇〇どうやって決めたのー?など質問やご意見をいただきながら、
取材を展開していきたいと思っております!!

引き続きよろしくお願いいたします!

画像編集、文:にーおか

ありがとうございます!!!頑張ります!!
6
レガシーな北海道の流通「生活協同組合コープさっぽろ」のデジタル改革を赤裸々に公開していくサイトです。 コープさっぽろが、もっと使いやすく!買い物しやすく!職員が働きやすく!なるためにDXしていきます! きっと、山あり谷ありのDX!ステキな仲間と一緒に進化していきますー!