見出し画像

ECサイトを自分でつくろう!~CIO長谷川氏自ら先生になって教えてくれた日 パート2「サイトづくりの概念をぶちこわそう」

5月6日。ゴールデンウイーク明けの今日。

自分でサイトをつくろう!の2回目です。

今回も、CIO長谷川秀樹氏のレクチャーにて開催。15名で受講。前回は、BASEを使って各自サクサクとサイトを作ってみました。

以下は、オイカワさんがつくってみたタイトル。なかなか良い!!

コメント 2021-05-06 181131

第1回の到達点
①BASEを使ってECサイトを立ち上げ基本的なことができる
②商品を登録する
③(お客様が)商品を購入できる
④受注する
⑤入金がある(やった!)

コメント 2021-05-06 180838

前回作ってみての感想をドキュメントで共有!


(Oさん)
・上下に色々情報突っ込むことができたが、左右に入れられないか?
・商品検索フォームの場所をずらしたい
・使い方は本当にシンプルで使いやすい。

(Mさん)
・注文から受注までとても簡単だった。(15年前、別で作ったECサイトの運用をしていたが、チェック箇所がたくさんあってとても面倒だった、、、)

( Tさん ) 
・15年くらい前に課題でASPによる構築(ASP.NETではない)→プログラム構築はフルカスタムできるけど、実用レベルまではしんどすぎる!~10年前くらいにカラーミーショップを使って在庫一覧を作る(買い物はさせない)、からの、久しぶりのECサイトでした。
最新はさすがに設計しやすいしオプション(APP)も多い!
・ECサイト一番の難関「決済」が簡単にできるのはめちゃくちゃ敷居が低い。
・カンタンな分どうしてもかゆいところには手が届かない・・・。
・大事なのは運用かなと思う。そして作るのがゴールではないので、発展させる(広報・認知・集客等々)が一番難しいのでは??

(TJさん) 
・本気でやったら4時間で完成。すごー
・わからないことをチャットボットで質問してたらほぼ解決できた。すごー
・独自ドメイン取得にちょっと苦戦した。お名前.com登録してあとどうすれば良いのかまだ不明。
・集客どうしたら良いのか調査中だけどまだ不明。
・どの時点で売り上げが立つの?とか運用部分をもっと勉強しなきゃ。
・ユーザーとのコミュニケーションチャットあってすごい

(Kさん)
・出店、商品の出品、機能の追加まで直感的に出来ました。
・複数の担当者で運営する際に、アルバイトなど知識のない人でもカンタンに商品登録が出来そうだと思いました。
・アプリと連携して販売することが出来るが、他の販促手段が気になりました。→インスタグラム連携は良さそう

コメント 2021-05-06 181050

第2回 理解と体験の目標
実際には、色々と課題があります。それをAPPの追加でやってみよう!

今日は、そんな各自サイトをつくったからこそわかる、次の課題をどう解決していくかを体感してみましたよ。


①実際の課題(売上向上にはどうするか)
②売上をアップさせるには、どうすればいいか?基本的には、以下の2つを頑張るしかない
③来店客数を増やす
④ショップまでどうやってきてもうか
⑤来店したお客様に買ってもらう
 1.まずカートに入れる
  買いやすい(カートに入れちゃうような構成)ページとは
  今、買わないと!と思う構成とは
 2.カートからチェクアウトまでの離脱をなくす
  配送料はお客様はどう考えるか
  配送日に不満はないか
  決済方法は

⑥売上げた後の業務の効率化をどうするか
⑦注文があった後の出荷はどうするか
⑧宛名ラベルは、自分で書くのか?
⑨最初は自分で梱包出荷だが、売上が上がってくると、物流倉庫に出荷情報を連携する必要がある
⑩物流倉庫から在庫情報を連動する必要がある

実に色々あります。各自サイトを作ってみたおかげで、グッと「課題」が見えてきました。とても当たり前のことですが、「自分ゴト」になると現実味になりますー。

今日も濃いー1時間でした。

本当に使えるサイトを職員で作るのがゴールです。今までの「人に作ってもらわなくちゃできない!」という概念をぶち壊していきましょう!

出来たらもちろんこちらでお知らせしますー。

ありがとうございます!励みになります泣
10
レガシーな北海道の流通「生活協同組合コープさっぽろ」のデジタル改革を赤裸々に公開していくサイトです。 コープさっぽろが、もっと使いやすく!買い物しやすく!職員が働きやすく!なるためにDXしていきます! きっと、山あり谷ありのDX!ステキな仲間と一緒に進化していきますー!